« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の4件の記事

2012.10.18

デ・ラランデ邸復元

Rarandep1120071
久々に江戸東京たてもの園に寄ってみると、デ・ラランデ邸がかなり出来上がってました。6月に上棟式が行われたとのこと(公式サイト)。

ところで先日、この建物はデ・ラランデ設計ではない?、という報道がありました。
■ドイツ建築家の明治洋館、実は日本人作? 研究者が新資料発掘 都が調査へ
MSN産経ニュース

新資料を発見したのは広瀬毅彦さん(51)。欧州などでデ・ラランデの足跡を調査してきた広瀬さんは、土地の所有者だった北尾次郎の子孫宅で明治時代の写真などを発見。北尾次郎が明治25(1892)年に自ら設計して平屋建ての洋館を建てていたことが分ったという。

また、広瀬さんは土地台帳などの記録を調べた結果、「土地は北尾次郎の死後もその長男が昭和期まで所有し続けており、デ・ラランデは借家人だった可能性が高い」と推定。平屋の洋館は明治末期頃に3階建てに増築されているが、「借家人だったデ・ラランデが増築部分の設計者だったと断定する根拠は見当たらない」としている。

一方、江戸東京たてもの園によると、「建物を解体し部材を調べた結果、平屋の上に2、3階部分を増築していたことが判明したため、デ・ラランデが増築部分の設計者だったと推定している」という。

広瀬さんの調査ぶりには頭が下がりますが、記事を見る限り、北尾次郎が増築部分の設計者だったと断定する根拠も見当たらないような気もしますけど、真相はいかに?

この住宅は、「建築写真類聚」の「門1」(1916)と「住宅の外観2」(1917)に「ブルセウイツ氏邸」として掲載されています。1914年のデ・ラランデ逝去後はブルセウイツ邸になっていた訳です。
(手元にありませんが、「住宅」1916年9月号に「建築技師デラランデ氏邸」の写真が載っている模様)

以前に書いた記事。
※こちらは「復元」でいいようです。

| | コメント (2)

2012.10.07

復元と復原

復元と復原は一般にあまり区別しないで使われてますが、東京駅の場合、「復原」と言っています。(例:JR東日本の公式サイト

東京駅…形が変わってしまったものを原形に戻す→「復原」
三菱一号館…いったんなくなってしまったものを同じように建てる→「復元」

このように使い分けているようです。

| | コメント (0)

2012.10.06

ダイビル

「よみがえる大正の名物ビル 大阪・中之島で復元進む」という記事が朝日新聞デジタルに載っていました(10月3日)。「名物ビル」とは、先年取り壊されたダイビル(大阪ビルヂング)のことです。

建設中のオフィスビル「ダイビル本館」(地上22階、地下2階)で、2010年に取り壊された大正期の名物ビル・旧ダイビル本館の外観を復元する工事が進み、懐かしい中之島の顔が姿を見せ始めた。

新本館の1~6階部分に復元した。元のビルから位置や大きさが変わったが、復元部分の9割以上に旧本館のれんがを再利用し、装飾の石材の一部も活用。1925(大正14)年の建設当時の外観をよみがえらせる計画だ。内装も床タイルなどを再利用し、旧本館の1階エントランスホールのデザインを再現する予定だ。 (略)
朝日新聞デジタル記事

旧建物のれんが(スクラッチタイル)を剥がして再利用しているようですが、想像するだけでも大変な手間がかかりそうで、ご苦労なことです。
そこまでするなら、元の建物をそのまま保存する方法がなかったのか。「オーセンティシティ」の観点から言えば、手間のかかる「復元」は全く無駄な行為なのか。
どうにも割り切れないものが残ります。

見どころだった1階部分の石の彫刻はどのようになるのか、完成したら見に行ってみたいと思います。

| | コメント (0)

2012.10.01

東京駅の復元

復元工事を経て、東京駅が創建当時の姿に戻りました。
丸ビル5階に展望テラスがあって、一望できます。
Tokyoekip1120036
先週行ってみたときには、吹き抜けのホールがまだ見えない状態でしたので、また行かねば。

復元に関しては「どちらでもよい(このままでも別に…)」派だったので、特に感想はないです。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »