« ONS060大阪高島屋 | トップページ | ONS062高島屋と岡田 »

2012.02.14

ONS061大阪高島屋(続)

1924年に妻や弟と大阪へ立ち寄った岡田が、高島屋を訪れて感慨にふけった話は、「関西への旅」の項で引用した。岡田の率直な心情が表れた文章である。

Arte
ところで、南海ビル(南海店)の方が1930年に第1期竣工、1932年に全館竣工し、岡田設計のビルは「長堀店」となった。しばらくは南海店・長堀店の両方が百貨店に使用され、それぞれに特徴を持たせて営業していたという。大きな催しは長堀店で行われ、四天王寺展などの会場にもなっている。

しかし統制経済の影響もあって統合されることになり、1939年(昭和14年)1月、長堀店は閉店となった。(従って高島屋として使われたのは実質16年ほどの間である)

閉店とともに長堀店の土地建物は日立製作所に譲渡された。
その後、大阪空襲(1945年)による被害を受けたということであるが、どの程度の被害だったのだろうか。

1954年(昭和29年)、丸善石油が本社ビルとして取得したが、当時はまだ外観に百貨店当時の面影を残していたようである。(「目で見る大阪市の100年」に不鮮明ながら写真あり)
しかし、その後の改修工事により、外観はルーバーで覆われ、かつての面影は全く無くなった。

※取壊しの際のことは、以前の記事にも少々書きましたが、TAKATAKATAKAさんのブログに「長堀高島屋解体記録」があり、詳細に記録されています。

|

« ONS060大阪高島屋 | トップページ | ONS062高島屋と岡田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ONS060大阪高島屋 | トップページ | ONS062高島屋と岡田 »