« OSN018岡田の母 | トップページ | 芝給水所 »

2011.11.08

オランダ大使公邸

Oranda1
11月3日、オランダ大使公邸が公開されると聞いて、あわてて行ってきました。
関東大震災で明治時代に建てられた洋館が焼失し、昭和3年(1928年)に再建。
設計はガーディナーと上林敬吉。

Oranda2Oranda4
構造は木造からRC造となったが、デザインはもとの建物を再現するようにしたのだとか。
木を強調した書斎と白を基調としたダイニングルームが対象的です。
Oranda3Oranda5
階段室のあるホールを中心に部屋を配する間取りは、洋館の正統派(?)。
ステンドグラスやテラスもいい感じ。


Oranda6
庭園との関係もよいです。
この建物については「輸入住宅スタイルブック」Vol4で詳しく紹介されています。

確か、何年か前に取壊し寸前だったのが、建築学会の要望を受けて保存されることになったという話を聞いた記憶があります。
メンテナンスもよく、大切に使用されているようで、そのことにも感銘を受けました。
これまでも年1回庭園が公開されていたようですが、建物内の公開は今年が初になるのか? 今後もぜひ続けてほしいものです。

|

« OSN018岡田の母 | トップページ | 芝給水所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN018岡田の母 | トップページ | 芝給水所 »