« 西村伊作展 | トップページ | OSN025関西への旅 (続) »

2011.11.18

OSN024関西への旅

岡田が1925年に「中央公論」に掲載した一連の随筆がある。前年秋に奈良などを訪れた際のもので、これまでも引用した「弟を送つて」などを含む。
古寺の来歴など、煩雑な部分も多く、読み流していたのだが、再読してみると、岡田の交友関係や建築観などが出ていて、中々貴重な資料になる。そこで自分用のメモを作ることにした。

(関東大震災の翌年、1924年11月)弟の岡田捷五郎が大隈講堂や神戸市公会堂などの設計コンペで得た賞金で、海外視察に行くことになった。横浜から神戸を経てヨーロッパに向かう前に、正倉院などを見ておこう、ということで、岡田夫妻も神戸まで同行することになった。岡田は「海外へ行く前に日本の建築をよく見ておくように」と、弟にアドバイスしたのではないか、と想像される。

「弟を送つて」(1925年1月号掲載)
11/6
岡田夫妻と弟が乗った箱根丸が11時に横浜を出発。
箱根丸の船長は旧知の人で、若い建築家O(清水組の小笹徳蔵か?)、T文学士、鋼銅問屋のMも同船。

11/7
昼に神戸に到着。弟の親友K(大阪在住)が出迎え。
大阪高島屋(岡田設計)に立ち寄る。4人で夕食。
夜遅く奈良に到着、ホテルで中條(精一郎)夫妻に会う。

11/8
弟を送りに東京から来たK(昨日のKとは別人)とともに、春日社を参詣。東大寺三月堂(法華堂)を拝観。
正倉院を拝観し、新納(忠之介)・関(保之助)の説明を聞く。
遅い昼食を取り法隆寺へ。金堂を拝観、東院の夢殿などは外観のみ。裏の中宮寺へ行くと山階宮の一行(黒板博士ら)が退出するところで、岸(熊吉)奈良県技師に会う。本堂を拝観。
たそがれ時となり、唐招提寺の建築を見る。
弟の親友Kが大阪からホテルに来て、夕食。

11/9
奈良から神戸に向かう。(箱根丸は)12時出帆の予定が3時に延びる。船長室を訪れる(関根豊作船長)。中学以来の友人、木下(正雄=初代京大総長木下広次の長男)が同船しており、弟のことを依頼する。
箱根丸の出発を見送った後、奈良に戻る。山階宮一行(鈴木知事、新納、水木[要太郎?]ら)が宿泊しており、夜食後、活動写真の上映が行われた。

「南都ところどころ」(1925年2月号掲載)
11/10
岡田夫妻は新薬師寺に向かい、本堂を拝観。
いったんホテルに戻り、東大寺に。大仏殿前の燈籠、大仏殿。東大寺戒壇院を拝観(昨夜会った岸技師の紹介)。その後、東大寺真言院の観阿居士の墓を見る。
再び唐招提寺を訪れ、金堂、講堂などを拝観。(薬師寺を拝観?)

「飛鳥と大原」
11/11
朝、奈良停車場で山階宮を見送った後、王子行きの汽車に乗る。車窓から三輪山などを見る。
高田で下車し、車で当麻寺へ。本堂を拝観、中将姫の曼陀羅がある。
車で八木へ向い、電車に乗る。(畝傍山駅で降り)畝傍御陵(神武天皇陵)を拝す。
人力車で久米寺へ。川原寺跡前を経て、橘寺へ。飛鳥川を渡り、岡寺へ。
安居院(飛鳥大仏)に立ち寄った後、飛鳥の地で往時を偲ぶ。
橿原神宮前から電車で奈良に戻る。
夜は(松利という店で)新納と食事をした後、夜の街を歩く。古梅園(※1577年創業の老舗)で徳富蘇峰に贈ろうと「夫唱婦随」の墨を買う。

11/12
奈良を発ち、京都へ。高木(豊三)博士未亡人、美術学校の某と岡田夫妻が同行。
紅葉の修学院離宮を拝観。
昼を高野川に面した平八(※今に残る山ばな平八茶屋)で取り、車で大原の三千院へ。
次に寂光院で建礼門院を偲ぶ。
漱石ゆかりの下河原の梅垣に泊まる。

11/13
西陣の川島織物で歌舞伎座を装飾する織物を見る。
(川島甚兵衛と?)車で高雄の神護寺へ。
清滝川の東岸にある川島の別荘に寄る。
旅館に戻り荷物をまとめ、夜の汽車に乗る。

11/14
朝、車中から富士山を見る。

----
多彩な人物が登場するが、そういえばまだ調べていない人も多い。
京都から東京まで何時間かかったのか、といったことも気になる。鉄道関係の文献を見ればよいのだろうが…。

|

« 西村伊作展 | トップページ | OSN025関西への旅 (続) »

コメント

「飛鳥と大原」の「夜は東山の裾、下河原の漱石先生に因縁ある梅垣に宿る」という部分について。
漱石と梅垣の「因縁」は次のようである。

祇園に文学好きの金之助(漱石の本名に由来)という芸妓がいた。
漱石もその名は聞いており、日記(1910.9.18)に「金之助といふ芸者も愛読者のよし」という記述がある。

1915年3月、漱石が京都旅行をしたとき金之助が座敷に呼ばれ、また漱石が病気で伏せると看病をした。
芸妓を辞めたあとは、梅垣という宿を開いたという。

■志賀直哉全集16巻(書簡集)の注
梅垣きぬ(梅垣の女将)   もと祇園の芸妓、金之助。漱石のファンだった。妓籍を去った後、下河原の石塀小路への曲がり角に近いところに宿屋、梅垣を営んでいた。

梅垣きぬの回想が岩波文庫『漱石追想』に載っている。

投稿: 岡田ファン | 2017.09.03 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西村伊作展 | トップページ | OSN025関西への旅 (続) »