« OSN022桂離宮 | トップページ | 西村伊作展 »

2011.11.16

OSN023修学院離宮

ついでに修学院離宮について(拝観の条件は桂と同様だったはず…)

修学院離宮についても桂と同時期に訪れており(1906年)、拓本が残っている。

また、1924年11月、(前述)夫人とともに捷五郎の外遊を見送った後、奈良、飛鳥、京都とまわり、修学院離宮を拝観した(中央公論「飛鳥と大原」)。
この日の同行は「高木博士未亡人、美術学校の某氏、余等夫婦」であった。紅葉の季節で、庭園の美しさについて記している。

同文中には、「嘗て此処を拝観したとき、両三回共、案内の警手は山寄りのお茶屋、隣雲亭から漸次庭の東側を北に向つて進み池を一周して案内した」とあるので、時期はわからないが、この間にも拝観していたことになる。

|

« OSN022桂離宮 | トップページ | 西村伊作展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN022桂離宮 | トップページ | 西村伊作展 »