« OSN010富士見小学校 | トップページ | OSN012石黒忠悳 »

2011.10.31

OSN011小山内薫

富士見小学校の上級生に小山内薫がいた。小山内と岡田は何らか関係があったと思うが、お互いに何も書き残していないし、第三者も何も書いていないようなので、今のところは推測を重ねるしかない。

岡田と小山内は、建築・演劇と活動の分野は異なるが、山の手育ち、一高から東大、言動が派手、働き盛りの年で死去など、何となくイメージがかぶるところがある。
小山内の父親は陸軍の軍医であったが、早く亡くなった。上官の石黒忠悳は小山内家の財政の面倒をみてくれた。小山内ははじめ軍人を志願していたのだが、健康上の理由で断念した。その後、文学や演劇という軟派な分野に進んだので、石黒はあまり快く思っていなかったのではないかと思う、
岡田の父親は陸軍の薬剤官で、やはり早く亡くなった。岡田と石黒の関係については、後であらためて書きたい。

岡田と小山内には共通の知人も多かった。
小山内が市川左団次とともに自由劇場の公演を行った際のこと。小山内の義弟が洋画家で東京美術学校教授の岡田三郎助だった関係だと思うが、岩村透(同校教授、美術評論家)が演目の相談に乗ったり、古宇田実(同、建築学)が舞台装置を担当するなどしていた。
日本初のカフェとされる銀座のカフェープランタンは、小山内が名付け親である。店の内装は岡田と古宇田が手がけたとされる。
また、小山内が書いた短編小説「梅龍の話」は、赤坂の芸妓が箱根の宿で洪水にあうというストーリーで、萬龍の実話をもとにしたもの。萬龍は後の岡田夫人である。

もっとも、共通の知人が多かったとしても、当人同士が仲がよいとも限らないが…。

岡田が遺した設計図面の中に、下谷二長町にあった歌舞伎劇場、市村座の計画案がある。大正時代の市村座は中村吉右衛門(初代)や尾上菊五郎(六代目)が活躍し、「菊吉時代」「二長町時代」と呼ばれる全盛期であった。大正中頃、市村座新築の計画が何度か新聞で報じられたが、結局資金難で実現はしなかった。
その頃、小山内は市村座の顧問を務めていた。劇場経営者の田村に岡田を紹介したのは小山内ではないか…とも想像しているのだが、どうだろうか。

|

« OSN010富士見小学校 | トップページ | OSN012石黒忠悳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN010富士見小学校 | トップページ | OSN012石黒忠悳 »