« カポディモンテ美術館展 | トップページ | タウトの本 »

2010.09.21

智美術館(旧千葉邸)

Kikuchi
虎ノ門にある美術館で、敷地内に大正時代の西洋館が残っています。

十年ほど前まで、この一画には明治~昭和初期に建てられた文化財級建造物が数棟残っていたのですが、ほとんど姿を消してしまいました。そうした中、この建物は智美術館の別館として保存され、登録文化財になりましたので、一安心。

Kikuchi1
ただ、部材が新しそうだなと以前から不思議に思っていたので、改めて観察すると、正面に見える2階部分の多く(右手の柱で支えている部分)はおそらく戦後の増築。ハーフチンバー風の大きな破風は当初のデザインとは異なるようです。(玄関付近を見ると、2階部分が手前に張り出している箇所が不自然なのがわかると思います)

田辺千代氏が「小川三知の世界」の中で、森山松之助設計の旧千葉亀之助邸と紹介しています。おそらく小川三知資料から辿り着いたのでしょう。竣工は1924年頃のようです。
(文化庁の国指定文化財等データベースで「智美術館」と検索すると、内部の写真もあり、充実した内部空間が広がっているようです)
西洋館は年に数回、土曜の午後に限定公開を行っており、次回は10月30日で、費用は8000円。(行けるかな?)

Kikuchi2
現代建築の智美術館は、西久保ビルの地下にあり、始めて入ってみましたがぜいたくな展示空間を取っており、驚きました。

菊池寛実記念智美術館

|

« カポディモンテ美術館展 | トップページ | タウトの本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 智美術館(旧千葉邸):

« カポディモンテ美術館展 | トップページ | タウトの本 »