« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の6件の記事

2010.09.30

歌舞伎座の様子3

K_kanban
9月一杯で地上部の解体を終わり、10月から地下の障害物を撤去する予定で工事が進んでいます。のぞきこんで見たところ、正面玄関の唐破風付近が残っている程度のようで、ほとんど更地状態になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.29

ジョン・レノン・ミュージアム閉館

Lenon1
9月いっぱいで閉館するジョン・レノン・ミュージアムへ、2年ぶりに行ってみました。
さいたま新都心駅やさいたまスーパーアリーナと同じ2000年のオープン。大成建設とオノ・ヨーコのライセンス契約が10年間だったので、ここで閉館となったそうです(来館者の減も理由らしく。こうした資料館の運営も難しいようです)。

公式サイト

Lenon2
以前と同様の感想ですが、リバプールやロンドン、ニューヨークのレノンゆかりの場所めぐりをしてみたくなりました(進歩なし…)。
ジョンがいわば神話化されているのは当然でしょうね。

Lenon3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.28

タウトの本

ちょっと気になった記事です。(毎日新聞のwebサイト)

高崎市で活動する「ブルーノタウトの会」の大木紀元氏が、タウトを紹介する冊子をまとめた、という話。

大木氏のコメント:「タウトを解説する適切なテキストがなかったため、受講生などから寄せられた疑問を整理し、一般の人にも興味をもってもらえる内容にした」

「ドイツ-日本-トルコ 波濤を越えて」という冊子(64ページ)で、ブルーノタウトの会が制作したDVD「知のDNA 夢ひかる刻」(30分)付き。DVD+冊子で、大学講義の1コマ分(90分)とのこと。10月8日発売で2625円、問合せは同会へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.21

智美術館(旧千葉邸)

Kikuchi
虎ノ門にある美術館で、敷地内に大正時代の西洋館が残っています。

十年ほど前まで、この一画には明治~昭和初期に建てられた文化財級建造物が数棟残っていたのですが、ほとんど姿を消してしまいました。そうした中、この建物は智美術館の別館として保存され、登録文化財になりましたので、一安心。

Kikuchi1
ただ、部材が新しそうだなと以前から不思議に思っていたので、改めて観察すると、正面に見える2階部分の多く(右手の柱で支えている部分)はおそらく戦後の増築。ハーフチンバー風の大きな破風は当初のデザインとは異なるようです。(玄関付近を見ると、2階部分が手前に張り出している箇所が不自然なのがわかると思います)

田辺千代氏が「小川三知の世界」の中で、森山松之助設計の旧千葉亀之助邸と紹介しています。おそらく小川三知資料から辿り着いたのでしょう。竣工は1924年頃のようです。
(文化庁の国指定文化財等データベースで「智美術館」と検索すると、内部の写真もあり、充実した内部空間が広がっているようです)
西洋館は年に数回、土曜の午後に限定公開を行っており、次回は10月30日で、費用は8000円。(行けるかな?)

Kikuchi2
現代建築の智美術館は、西久保ビルの地下にあり、始めて入ってみましたがぜいたくな展示空間を取っており、驚きました。

菊池寛実記念智美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.20

カポディモンテ美術館展

Capodi
先日、国立西洋美術館でナポリ・宮廷と美-カポディモンテ美術館展を見てきました。(9月26日まで。その後、京都文化博物館に巡回)
日本にいながらルネサンス~バロックの名品を見ることができるのは嬉しいことです。

公式サイト 国立西洋美術館TBS

呼び物はこの「貴婦人の肖像」(パルミジャニーノ)と「アタランテとヒッポメネス」(グイド・レーニ)。
パルミジャニーノという名前は何だか間違って覚えてましたが、「パルマ人」の意味とのこと。モナリザのモデルには諸説ありますが、「アンテア」と呼ばれるこの肖像画も、モデルが誰なのか、よくわからないそうで、ちょっと神秘的な感じがします。
「アタランテとヒッポメネス」の方は裸の男女が意味不明の妙なポーズを取っているもので、ギリシア神話の話。スポーツ万能の美女・アタランテに結婚を申し込んだ男は、彼女と競走して勝てば結婚できるが、負ければ殺されてしまう。ヒッポメネスは女神ヴィーナスに知恵を授かり、3つの金のリンゴをもらう。競走の日、ヒッポメネスは追いつかれそうになるとリンゴを落す。するとアタランテはリンゴを拾うために立ち止まるので、ヒッポメネスは勝利することができ、2人は結婚…。話を知らなくても造形的に面白い作品です。(画像はTBSのサイトにあります)

Nude
モデルが不明と言えば、東京都写真美術館のヌードのポートレイト展。(10月3日まで)
印象的な目をしているポスター1番左の女性(立木義浩撮影、1966年)が誰かわかりませんでした。
東京都写真美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.19

シェ松尾

毎度のことですが、更新が滞ってました…。

さて、シェ松尾が事業譲渡という記事があり気になりました。営業は続けているとのこと。
本店は渋谷・松濤の洋館をレストランにしたもので、確か皇太子が食事にきたとか何とか。
まだ実際に入ったことはありません。(ショボン)

東京商工リサーチ(倒産速報)
公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »