« 国道駅 | トップページ | 鶴舞公園 »

2010.06.03

相馬永胤像

Senshuikuta
専修大学生田キャンパス(川崎市多摩区東三田)に相馬永胤像が移設されていると聞いて、確認に行ってきました。

古典主義風デザインの9号館(120周年記念館)。写真の後方に見える円筒状の部分の内部は、グッゲンハイム美術館のようなスロープになっています。

相馬永胤(1850-1924年)は彦根出身。鳩山和夫らとともにコロンビア大学で法律を学び、帰国後、専修大学を創立し、また横浜正金銀行頭取を務めた人物です。
Soumazou
目指す物件は9号館玄関ホールの正面に置かれています。

元は下戸塚の相馬邸(現在の甘泉園)に、大正8年に建立されたもので、大理石の胸像はペッシ(Ottilio Pesci)によるもの。台座は岡田信一郎の設計です。石像ゆえ、例の金属供出とは無関係だったはず。

雷紋のある台座は、国会図書館にある岡田兄弟設計図面と一致しています。

【余談】甘泉園の場所にあった旧相馬邸の洋館(妻木頼黄設計、1910年竣工)は、1937年に横浜に移築され、カトリック横浜司教館として使われていました。近年の改修工事により、大幅に改変されてしまったようで、残念です。

|

« 国道駅 | トップページ | 鶴舞公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4115/48528798

この記事へのトラックバック一覧です: 相馬永胤像:

« 国道駅 | トップページ | 鶴舞公園 »