« 東山植物園温室 | トップページ | 白金甚夢迎賓館(渡辺甚吉邸) »

2010.06.14

ロシア構成主義

Koseishugi
白金の庭園美術館で「ロトチェンコ+ステパーノワ ロシア構成主義のまなざし」を見てきました。
女性が叫んでいるモンタージュはよく見かける作品で、ロトチェンコの「レンギス(国立出版社レニングラード支部) あらゆる知識についての書籍」のポスター。
何と叫んでいるのか気になりましたが、”КНИГИ”は"books"に相当するようです。

構成主義といえば、タートリンの第三インターナショナル記念碑とか、バウハウスと関係あるらしいという程度の予備知識のみ…。
革命前にキュビスムっぽい絵を描いていたロトチェンコが、構成主義を唱えるに至るのはなぜか、という点が自分にはよくわからないところです。
舞台、装丁、ポスターなど表現の分野は多様ですが、やはり写真がよいと思います。


Teibi0613
「ロトチェンコ+ステパーノワ」展:東京都庭園美術館で6月20日(日)まで
公式サイト

|

« 東山植物園温室 | トップページ | 白金甚夢迎賓館(渡辺甚吉邸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4115/48623085

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア構成主義:

« 東山植物園温室 | トップページ | 白金甚夢迎賓館(渡辺甚吉邸) »