« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の4件の記事

2010.04.30

ブラングィン展

Brang
フランク・ブラングィンと言っても、ほとんど知られざる画家と思います。松方コレクションの関連で、名前ぐらい聞いたことがあるかな、という程度。

しかし、元々はウイリアム・モリスの工房で働いていたり、松方幸次郎のために共楽美術館を設計したり、中々興味深い経歴を持つ人物です。今回の展覧会では、共楽美術館のCGが上映されてました。もし、これが実現されていたら…と想像が広がりますね。美術館構想は大正8~9年頃のことで、黒田清輝や大江新太郎らが相談役になっていました。

看板になっている「海賊バカニーア」(写真)は、青と赤の大胆な配色です。船の絵を結構描いており、松方(川崎造船所社長)が最初に購入した絵画はブラングィンの「造船所」だったという説があるようです。

国立西洋美術館(5月30日まで)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.04.29

歌舞伎座千秋楽

Kabukizalast
28日が4月公演の千秋楽でした(チケットはあっという間に売り切れで入手できず)。
新聞のテレビ欄を見ると各局のニュースで取り上げるようだったので、家でゆっくりテレビを見るのがいいか、現地で野次馬になるのがいいのか、しばし悩みましたが、結局後者を選択。

劇場前にはマスコミや野次馬(自分含む)がたくさん出ていました。
公演そのものは千秋楽だからと言って、特に変わったことをした訳ではなかったようです。
Kabukizalast2
最後の演目「助六」が終わったのは9時45分頃(遅っ)。写真は最後のお客さんが出た後の玄関。

30日の閉場式はどうするか、というのも思案中です。
これも当然チケットなしですし、前をウロウロしたからと言って、どうということもないんですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.04.22

浅草文化観光センター

Asakusa
東京新聞(2010年4月17日夕刊)に雷門前 似合わない? 41メートル『文化観光センター』という記事が載っていました。

台東区は、雷門の前に高さ約41mの観光案内所を建設中ですが、浅草寺は、「高さが周囲の景観との調和を欠く」として、計画変更を求める陳情書を区と区議会に提出したそうです。

(以下、引用)陳情は、浅草寺と地元の商店街などの連名。高さ約四十一メートルは通常の十三階建てに相当するとし「雷門周辺の景観的価値を減少させる」と、現行案の縮小を求めた。浅草寺土地部は「デザイン決定後、完成予想図を見たが、高さの説明はなく、当初は普通の八階建てと同じと思い込んでいた。昨年末に気付いた」と、訴えの理由を説明。寺周辺には、もっと高いマンションもあるが、同寺は「歴史、文化を大切にする区が率先して高い建物を造らなくてもいい」とする。

1月に浅草に行った際、建設予定地の前に完成イメージ(パース図)が掲げられているのを見て「何だ、こりゃあ!」と唖然としました。まるで長屋を何棟も積み上げたような何とも変な代物。
そのときは知らなかったのですが、後で調べてみると、設計はあの隈研吾。
台東区公式サイト
建替え後の歌舞伎座にまたまた不安を覚え、暗然たる気持ちになった次第です。

浅草寺の主張では、普通の8階建程度の高さ(=25mくらい?)ならいいけど、41mではダメ、ということですか。デザインについてはこれでいいと思っているんでしょうかねえ。(せっかく菊竹設計のホテルがなくなったというのに。地元では景観はどうでもいいのか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.21

また歌舞伎座

Kabukizarobi
先日、歌舞伎座の公演(実録先代萩、助六)を見てきました。玄関吹抜けのところで1枚撮影。

今月のチケットはかなり入手困難となってます。もう一度幕見で入れるかどうか…。月末になるとますます混みそうなので無理かなあ…。
いずれにしても、この吹抜けを見られるのはこれで最後か、と考えると何とも言えない気持ちになりました。
(以前は、売店だけ利用する、ということもできたのですが、あまり人が増えたので、今では入場券を持っていない人は決して中に入れないようにしています)

歌舞伎座の外観を撮ったり、記念写真を撮る人が大勢見られたのはもちろんですが、道端に座ってスケッチをしている人がかなりいたのが印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »