« 歌舞伎座の音響2 | トップページ | 滋賀武徳殿 »

2009.11.06

歌舞伎座の音響3

歌舞伎座の音響について、設計者側はどう考えていたのか。
戦災復興時に設計を担当した吉田五十八の書いた文章が「歌舞伎座」(1951年)に掲載されています。

「由来歌舞伎劇の劇場は例外なく全部が全部、格天井で(…)この前の歌舞伎座もその例にもれず格天井でありましたが、この度は前例を破て豪壮な吹寄竿縁天井としまして舞台から一幕見の席まで尾州檜の通し天井と致しました。そのために音響的には戦災前より数段とその音響効果が改善されました上、二本の竿縁の間に間接照明と夏冬の冷暖房とが装置されて居ります(…)」

「上部の大欄間には西陣苦心の特種織物が張られ、その後に隠された拡声機からは舞台の名ゼリフが皆さまの御耳に達することゝ存じます。また周囲の壁面は最新の吸音材料によつて音響的効果が考へられて居り、それを更に日本的文様に依て美化されてあります。」

前に紹介した「歌舞伎の舞台技術と技術者たち」では「ほとんど機器に頼らない、生音そのまま」と書かれていましたが、舞台上部にあるというスピーカー(拡声機)はどの程度効いているんでしょうか。

また、関東大震災後に竣工した歌舞伎座については、次のようなエピソードが伝わっています。

「其当時 講義の出来ない大講堂が出来たり、音響の徹底せぬ音楽堂が出来たりした際であつたから、音響で失敗したら岡田君の名声はフイになるであらうと心配したが、流石岡田君は此点は苦心して、自信ある様子であつたが、略落成した時に、幹部連が舞台で発声して、元の小屋よりは余程善いと賞賛して呉れたので、岡田君は大歓喜で僕に態々報告に来た(…)」  (正木直彦)

「当時は建築設計の面においても、音響に関する点等は一向に進んでおらず、成り行きまかせの感があつた。音響を生命とする劇場等でも、これに対する配慮が特になされたというようなことは聞かなかつた。兄(注:岡田信一郎)が新築の3階で開幕を知らせる冴えた木の音を聴いた時、はじめてホッとしたという(…)」
 (岡田捷五郎)

音響工学の研究が進むのは、おそらく昭和初め以降だと思います。岡田信一郎自身は歌舞伎座の音響について書き残していないようですが、当時の段階では、もっぱら経験的に工夫するしかなかったはず…。(今日でも音響というのは中々難しい問題のようです)

|

« 歌舞伎座の音響2 | トップページ | 滋賀武徳殿 »

コメント

「歌舞伎座の音響」については下記に続きます。

http://chuta.cocolog-nifty.com/arch/2010/05/post-f190.html

投稿: 本人 | 2010.05.27 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4115/46684547

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座の音響3:

« 歌舞伎座の音響2 | トップページ | 滋賀武徳殿 »