« 歌舞伎座の音響 | トップページ | 歌舞伎座の音響3 »

2009.11.05

歌舞伎座の音響2

歌舞伎座の音響について、ブログ「猫並生活」さんに興味深いことが書いてありました。囃子の田中傳左衛門さんの話の紹介で、「いい音がでるようになるまでには木とコンクリートが枯れる時間が必要」なのだそうで、最低20年はかかるとか。今の歌舞伎座を建て替えた場合、同じ音を再現することはできない、ということになるんでしょうか。

さらにネット検索してみると、ブログ「音楽とのりものと・・・」さんに歌舞伎座でのベートーヴェン第九公演(2008年4月)の記事がありました。「歌舞伎座という箱物はとことんデッドな(殆ど響かない)音響環境にあり、このあたりが日本古来の芝居に適したつくり」だとのこと。(音楽ホールとは勝手が違って残響時間がほとんどなく、オーケストラの方にはやりにくかった模様です。)

こうした点を、音響工学的に見ると一体どういうことになるのか。一度専門家の方の意見を聞いてみたいところです。

|

« 歌舞伎座の音響 | トップページ | 歌舞伎座の音響3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4115/46677339

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座の音響2:

« 歌舞伎座の音響 | トップページ | 歌舞伎座の音響3 »