« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の4件の記事

2009.06.17

皇居周辺の景観

Toudai
6月14日に「皇居周辺の景観を考える会」のシンポジウムが東大工学部14号館で行われました。中々興味深い内容でした。(あまり宣伝していなかったのか。こちらに少し書いてあります。)

一部を残して取り壊される東京中央郵便局(無念…)のほか、パレスホテル建替え、外濠沿いの富士見町再開発、それに歌舞伎座や三菱倉庫の建替えなど超高層ビルの計画が目白押し状態です。もはや景観論だけでコントロールするのは難しいようですが、本当に何とかならないものでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.06.07

松代大本営2

Mtsrdaihone3
象山地下壕から南へ2㎞ほどのところに気象庁精密地震観測室があります。観測室の建物は終戦の年に建てられたもので、天皇・皇后の施設、宮内省施設に予定されていました。しょぼい写真ですが、一番奥の一号庁舎が天皇御座所になるはずだったところ。窓ごしに中の和室の様子を見学できます。
手前の二号庁舎に説明書きが置いてありました。

Mtsrdaihone4
地下壕の入口で、地震観測室の手前にあるものです。地下壕には地震計が置いてあり、内部は非公開。
先日の北朝鮮の核実験の際にも、ここで揺れを観測していたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.06

松代大本営

Mtsrdaihone
善光寺からの帰りに寄り道をして、松代へ行きました。大本営を移転する計画だったと耳にしてはいましたが、実際にその跡地を見て感慨深いものがありました。

象山地下壕の一部は無料で公開されており、頭をぶつけそうな低い坑道が縦横に掘られています。ここで多くの朝鮮人労働者が働かされていたとは…。
(「もうひとつの歴史館・松代」建設実行委員会のサイト

Mtsrdaihone2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.05

長野聖救主教会

Naganokyokai
善光寺のすぐ近くにある長野聖救主教会です。赤煉瓦のゴシック様式で、立教の礼拝堂に似てる感じ。ここも日本聖公会の教会です。

公式サイトの記事を見ると、1898年(明治31年)の建設で、設計は宣教師のウォーラー司祭。2005年に市の文化財課から勧められて、登録文化財の申請を行ったそうで、翌年に登録されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »