« 謹賀新年2009 | トップページ | 新年続き »

2009.01.07

三菱一号館と枢密院

Mitubisi1go_2
丸の内では三菱一号館を再現する工事が進んでいます。屋根の銅板が真新しくてピカピカ光っています。写真で見たかつての煉瓦の色合いはもっと濃かったような気がしますが…。

美術館として開館するのは来年の春だとか。明治生命館~三菱一号館~中央郵便局~東京駅とつながれば中々いい風景になると思います。公式サイト

Sumituin
皇居では旧枢密院で工事をしていました。窓ガラスが外された状態で、内装工事をしている様子。

帰ってから調べたところ、約20年の間放置されていた建物を、今回修復して皇宮警察の分庁舎として使用するとのことです。ただし、文化財的な観点からの修復ではなく、公開の予定も今のところないようです。

(新聞記事の引用)「二〇〇五年になって専門家による活用検討委員会が発足。警察庁が今春(注:2007年)から修復工事を始めた。(略)検討委は報告書で、建築的な価値が高い玄関や議長室なども復元するよう求めているが、皇宮警察は「修復はあくまで庁舎として使うため。建物公開も難しい」として、数億円規模の費用がかさむとみられる内装の復元には慎重だ。数年をかけて完成後は、皇宮警察の音楽隊練習場や情報公開室を設ける予定という。」 (2007.10.18 東京新聞)

|

« 謹賀新年2009 | トップページ | 新年続き »

コメント

コメントありがとうございます。
後から復元するくらいなら、最初から
壊さなければいいのに、と思いますが、
時代の変化なんでしょうかね。

その代わりに、ドラマ「HERO」で写って
いた八重洲ビルの方がなくなってしまい
残念です…。

投稿: 本人 | 2009.01.10 22:20

はじめまして、
子供向けの歴史図鑑や中高生向けの歴史の教科書に写真付きで載るくらい有名な建物だった先代の一号館ーのちの東九号館ーがそのままそっくり復元されてる姿をみて、未だに夢を見てる感じです。

投稿: むさしの | 2009.01.08 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱一号館と枢密院:

« 謹賀新年2009 | トップページ | 新年続き »