« GAME | トップページ | 新橋演舞場 »

2008.05.09

ウルビーノのヴィーナス

Venus
国立西洋美術館の「ウルビーノのヴィーナス」は日本初公開のティツィアーノ作品を中心に古典古代、ルネサンス~バロック期のヴィーナス像を集めた展示。一つのテーマに絞った内容でわかりやすく、ルネサンス美術好きにはたまりませんでした。(11日まで)

館内で配布している「建築探検マップ」も要チェック。ル・コルビュジエ作品(と言い切っていいのか?)としての美術館の見どころを紹介しています。

Bauhaus
東京藝術大学美術館の「バウハウス・デッサウ展」。ハシゴをして少々疲れたせいか、展示内容が頭に入らず…。個人的にはアーツアンドクラフツあたりからの展開とかグロピウス自身をもう少し詳しく紹介してほしい気がしました。見落としがあったかもしれないので時間があればまた行くかも。(7月21日まで) 

|

« GAME | トップページ | 新橋演舞場 »

コメント

こんにちは。
ワタシも同じように少し建物も撮ってブログに載せています。ワタシは薬師寺展の帰りに時間があったのでビーナス展に寄ったわけですが。ネットを見てたら、ちょうど同じ日にUPされていたので、びっくりしました。

他にも上野はいろいろおもしろいのをやっているようで、特にバウハウスは気になるので、また行ってみたくなりました。
ではまた、よろしく~ということで。

投稿: MM | 2008.05.11 16:19

コメントありがとうございます。薬師寺展も人出が多いみたいですね。こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: 本人 | 2008.05.11 23:14

私は、ウルビーノのビーナス展と、薬師寺展を別々の日に見に行きました。まだ、バウハウスは、まだ見ていません。
西洋美術館に行くと、つい、建物ばかりに目が行き、いつも展示は二の次なのですが、今回はしっかりウルビーノのビーナ展を観ました。なかなか、面白かったですねえ。しかし、人間てスゴイ! キリスト教の倫理的縛りの強い中世に、美しい裸体を描きたいばかりに、神話の神だからとOKということにしてしまうというコノ感覚! 人間てタクマシイなぁ~と感心しました。
薬師寺展の行き帰りに、国立博物館や表慶館の外観をジロジロeye やはり堂々たる佇まいheart01、もちろん展示されていた聖観音像や日光&月光菩薩像なども素晴らしかったのですが、heart04展示とheart04建物とココは2度美味しい場所ですねhappy01

投稿: こいぬま☆まりこ | 2008.05.24 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4115/41139504

この記事へのトラックバック一覧です: ウルビーノのヴィーナス:

« GAME | トップページ | 新橋演舞場 »