« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の10件の記事

2007.11.28

常楽寺書院

Jorakuji
滋賀の常楽寺を見に行ったら、山門脇の書院が目に止まりました。2階建ての洋館が付いていたのが意外な感じ。門柱にスクラッチタイルが張られており、昭和初期の建物だと思いますが、ハイカラな住職がいたのかな。

常楽寺には国宝建築があるので前から見たかったのですが、交通の便がよくないのと、事前予約が必要で中々行きにくかった場所です。数年前から紅葉の時期に長寿寺・善水寺とともに一般公開をするようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.26

興福寺

Kofukuji
世界遺産に登録されたためなのかどうか、奈良は古代建築の復元ブームになっているようです(薬師寺、平城宮)。

興福寺でも、失われた南大門や中金堂などを復元する計画があるとのことで、工事が進んでいました。礎石の跡から往時の姿を想像するのも乙だと思うんですが、具体的に目に見える形を示す方がアピールするのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.22

旧奈良県物産陳列所

Narabussan_2
関野貞は法隆寺非再建論を唱えた建築史家として知られてますが、実作としてはこの建物があります(珍しい?)。重要文化財に指定されており、奈良国立博物館の仏教美術資料研究センターになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.21

奈良の水道施設

Narasuido
刑務所の手前、北山十八間戸のはす向かいにある赤煉瓦の水道施設(奈良市水道計量器室)。いかにも大正期らしいデザインです。

実はだいぶ以前に東大寺の転害門から北山十八間戸、般若寺のあたりまで歩いたことがありますが、どうした訳か奈良少年刑務所がすぐ近くということをすっかり忘れていました。このあたりまで来ると、刑務所の塀がちらっと見えたはずなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.20

奈良少年刑務所

Narakei
初めて奈良少年刑務所の前に来ました。山下啓次郎の設計した五大監獄(千葉、金沢、奈良、長崎、鹿児島)の一つで、正門の中央部分あたりを見ると、ちょっとアールヌーヴォーが入っている感じがします。監獄らしからぬ、楽しげなデザインです。

Narakei2
塀越しに本館の建物が見えました。千葉長崎にも共通するとんがり屋根のデザインです。

9月上旬に矯正展があるので、建物も見られるようです。(奈良倶楽部通信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.16

南都銀行

Nanto
奈良にある古典主義様式の銀行建築、南都銀行は長野宇平治の設計作品です(大正15年竣工、登録文化財)。

タイルの渋い色合いと、4本の列柱に特徴があります。円柱はややずんぐりした感じです。内部はどうなっているか、と思って営業室に入ってみますと、改装されているようで残念でした。


Nanto2
円柱の基部付近に付いている、ひつじさんの彫刻が楽しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.15

奈良駅舎

Naraeki
一時は取壊し計画が出された旧奈良駅舎ですが、曳屋をされて保存されることになりました。

改めてみると古都らしく和風表現になっております。バランスよくまとめられており風格がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.08

静嘉堂文庫

Seikado
世田谷の静嘉堂文庫は英国の郊外住宅風。アーツアンドクラフツの影響を受けています(設計者・桜井小太郎の留学時代のスケッチによく似た建物が描かれているとか)。岩崎家が集めた漢籍を収めていますが、研究者以外には公開されていません。隣の美術館は公開されてます。

Seikado2
敷地内にはコンドルが設計した岩崎家の霊廟があります。なんとなくニコライ堂に似ているような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.05

旧大阪高島屋

Arte
大阪にあるアルテビル長堀橋は、かつての大阪高島屋(長堀店)です。現在の外観からは想像もできませんが、岡田信一郎の設計によるゴシック風の装飾豊かな建物(1922年)でした。

ついに建替えられることになり、1階付近が囲われてしまいました。(写真提供:岡田クラブ関西支部)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007.11.04

ベルギー大使館

Berugi
二番町にある大使館を取壊して高層ビルを建てることになり、最後にオープンハウスなどのイベントが行われました(11月3日で終了)。公式サイト

写真で赤・黄の色が付いているのはライトアップしているためです。

Berugi2
戦後の建物で(1959年)あっさり目ではありますが、吹き抜けのホールにあるらせん階段は印象的でした。大使館らしく華やかな演出です。

大使館自体は既に移転し、イベント用に改装されているので、各部屋の元々の用途は今ひとつ不明でしたが、2階はプライベートな部分だったんでしょうか。バスルームもありました。

広い庭園も含め、かつてのお屋敷町を思わせる場所がなくなってしまうのは惜しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »