2017.10.15

運慶展

Unp1210048
東京国立博物館の「運慶展」を見てきました。土曜の夜で空いていました。
東大寺の重源像(運慶?)や八大童子がよかったです。

Aizenp1210054
常設展に寄ってみると、2階の3室に岡田信一郎寄贈の「愛染明王像」(13世紀)がありました(11月12日まで展示)。

東博の画像データベースで「愛染明王」と検索しても、残念ながらこの作品は出てきません…。
以前の記事で紹介したとおり、末松謙澄の旧蔵品とのことです。

| | コメント (0)

2017.10.08

ホタルノヒカリのロケ地

ローマを舞台にした2012年の映画「ホタルノヒカリ」(金曜ロードショー)に出てきたホテルが気になりました。
ネット検索してみると、ボルゲーゼ公園近くにあるカジーナ・ヴァラディエールというレストランだとか。

ちょっとニセモノ?っぽい感じもしましたが、築200年の19世紀建築だそうです。
公式サイト(英語版)
Roma

| | コメント (0)

2017.09.18

ウィーンへの旅5

ウィーン4日目(木曜):目標はシェーンブルン宮殿など

最終日はクリムト作品を多く所蔵するベルヴェデーレ宮殿か、マリア・テレジアゆかりのシェーンブルン宮殿にするか迷う。両方回ることもできたと思うが、未だ見ぬワーグナー作品も残っており、ベルヴェデーレは断念。
Donaup1000983_2
まず、ドナウ運河の左岸にあるワーグナーの水門監視所(1907年)へ。現在はレストランになっている。開店前で外観のみ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.09.17

ウィーンへの旅4

ウィーン3日目(水曜):目標はワーグナー別邸、シュタインホフ教会など

地下鉄でHietzing駅へ。皇帝専用駅(ホーフパビリオン)はワーグナーの設計。
周辺には中々興味深い建物が多く、中にはセセッション風の物件も。
Ekip1000651 _prep1000672_3
シェーンブルン宮殿の西側にあたる一帯が郊外住宅地で、20世紀初め頃の住宅作品が残っている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017.09.16

ウィーンへの旅3

ウィーン2日目(火曜):目標は旧市街地、王宮、カールスプラッツ駅など
Urap1000308
路面電車で郵便貯金局の先へ。アスペルン橋の脇にあるのが旧ウラニア天文台(ファビアーニ設計、1909年)で、現在は映画館、レストランになっている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«ウィーンへの旅2