2020.02.12

OSN136指名設計競技の謎

_meiseiimg_1939 明治生命館を建設する際の指名設計競技(コンペ)については以前の項でも書いたが、不明な点が多い。
1928年に実施された設計コンペは、近江栄氏の労作『建築設計競技』にも全くふれられていないし、募集要項はどうだったのか、どのような案が提出されたのか、といった具体的な内容はほとんど知られていない。

■社史の説明
明治生命の社史『明治生命保険株式会社六十年史』(1942年)には次のように書かれている。
・明治生命保険株式会社では、関東大震災後の事業の拡大により新社屋の建設を決めた。そのために隣接地も購入した。
・建築顧問の曽禰達蔵に設計を依頼したが、曽禰は設計コンペの開催を主張し、建築家8名を推薦した。
・既存の社屋(旧館、三菱二号館)は関東大震災でも被害がなかった。当初は旧館をそのまま残し、とりあえず隣接地に新館を建てる計画だった。
・応募作品を審査した結果、岡田信一郎案が当選した。
・岡田は旧館を取壊し、敷地一体を使ったオフィスビルの建設を明治生命に進言した。
・岡田の提案が採用されて旧館は取り壊され、現在の明治生命館(1934年竣工)が建てられた。

■建築家の指名
設計コンペに参加する建築家が指名されたのは1928年(昭和3年)の秋(9月か10月上旬)と思われる。『日本建築士』1928年12月号の「某会社の新築設計案募集」という記事がこの設計コンペについてふれている。「某会社」とは明治生命保険株式会社である。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020.02.06

OSN135街路建築

Bijoimg_2127週刊文春のグラビア「原色美女図鑑」の連載は1990年から現在まで続いているが、最も登場回数が多いのは観月ありさらしい。

初登場は13歳のときで、明治生命館の前でも撮影を行った(秋庭桂太氏撮影、1991年1月10日号)。歌手デビュー前でまだ無名だった頃である。

筆者(私)は同誌2010年4月8日号に再掲載された写真(上)を見て、「この建築[明治生命館]は はじめから欧米風のストリート・アーキテクチャー(街路建築)として建てられている」という桐敷真次郎氏の評言の意味がわかったような気がしたのである(『明治の建築』)。
設計者の岡田信一郎は、皇居側からの眺望(列柱)とともに、街路を行く歩行者の視点も意識していたのだと思う。

| | コメント (2)

2020.01.14

OSN134モックアップの謎

Meiseicolum 左の写真は明治生命館の建設工事中に撮られたもの。
鉄骨が組み上がり、壁は未だできていない状態で、円柱が1本立っている。現地に設置された原寸大のモックアップ(模型)である。

写真は工事を施工した竹中工務店が所蔵していたようで、1932年(昭和7年)5月の撮影だという。他に明治生命館の建設工事の様子を撮影した記録映像(16mmフィルム)があるが、同年5月5日に行われた定礎式のシーンより前に、このモックアップが映っている。
この写真と記録映像以外に文献史料が見当たらず、モックアップについては謎が多い。

■柱頭の渦巻
明治生命館のファサードを飾るコリント式円柱の柱頭を見ると、中央上部にある渦巻(volute)が交差している。ちょっと珍しいデザインかもしれない。(文末の補足を参照)
Meiseicap1Meiseiimg_2123

Meijishosai 建設工事の始まる直前に描かれた詳細図(左)を見ると、渦巻は交差していない。工事の途中でデザインが変更されたことになる(詳細図は縮尺1/20で「昭和5年8月31日」の日付がある。工事は9月12日に起工)。


柱頭部分については3パターンの詳細図(縮尺1/5)が残っており、渦巻を交差させるかどうか、検討していた様子がうかがえる(『図面で見る都市建築の昭和』掲載)。
Capital3002

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020.01.06

OSN133三井本館と明治生命館3

三井本館と明治生命館の平面図を比べると大きな違いがある。
Mituiplan10 三井本館では内部に大きな吹き抜け空間が3か所あって、その周りに柱が立ち並んでいるが、外側に並ぶ列柱と内部の柱のグリッドがきれいに揃っている。(左図は2階部分の平面図:三越側が下)
外部の列柱と内部空間を区切る柱が整然と配置されている。


Meiseiplan1明治生命館にも吹き抜け空間が2か所あるが、外部の列柱と吹き抜け付近の柱位置は合っていない箇所が多い。柱の配置がズレていることによって、柱が密になる部分が出来ている。(左図は2階部分:皇居側が下)
外側の列柱を構成する部分と、内部空間に応じて柱を配置する部分とで折合いを付けているような具合である。
建築史家の鈴木博之氏は明治生命館の構成について次のように述べている。

全体の構成は1階営業室部分と事務室部分を大スペースとして確保し、その周囲に諸室を配置してゆくもので、大スペースからなる中心部分と、周囲の部分では柱の並び方が異なる。こうした構造計画は現代のビルでは行われないものであるが、内部スペースの配置を第一に考え、それにあわせて構造的な柱を配置するという手法と思われる。(『図録明治生命館』)

筆者(私)は外側の列柱を優先してこうした配置になったのかと思っていたが、鈴木氏は内部空間を優先した配置と見ている。いずれにしても、柱が密になる部分が出来たことで、構造を強化する効果も生んでいるようである。
(注:ここでは三井本館の耐震性能との優劣を比較している訳ではない)

まだ比較すべきところは残っているが、ここでいったん一区切りとする。

| | コメント (0)

2020.01.05

OSN132三井本館と明治生命館2

Ordermeiji まず、三井本館と明治生命館のファサードに並ぶ「円柱の長さ」を比較してみる。どちらもコリント式の円柱である。(図は明治生命館の「丸柱石割図」)

三井本館は高さ60cmほどの基壇の上に大きな円柱が並んでいる。円柱の長さを図面で見ると54フィート1インチ=約16.48mである。
明治生命館の方は1階部分を基壇として、2階から6階の高さ分の円柱が並んでいる。円柱の長さは53尺5寸5分=約16.22mである。ということは両者の円柱の長さはほぼ同じである(これは偶然なのかどうか?)。


建築オーダーは柱を中心にした比例関係の体系である。ルネサンス期に古代の建築理論書が再発見され、数多くの理論書が書かれた。また、フランス・アカデミーではそれらの理論書を巡って延々と議論を重ねていたのであった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«OSN131三井本館と明治生命館